動画制作を利用しよう

Pocket

このように動画広告には様々な効果を期待することができますが、全ての動画がこれらの効果を得られるということではありません。視聴者に最後まで見てもらえるように動画にストーリー性を持たせたり、面白いと思ってくれる動画制作が広告動画には求められます。最後まで見てもらえないとその分、クリックしてくれる数も少なくなります。同時に商品の購入に繋げることが難しくなり、利益を上げられない可能性もあります。

プロのスタッフ質の高い動画制作を実現するために動画制作会社に依頼する企業や個人が多いです。動画制作会社は主に動画制作をする会社で、プロのスタッフが制作を担当してくれます。効果測定なども行い唯単に質の高いコンテンツ制作をするだけでなく企業が動画によって見込み客を獲得できるように工夫をしてくれます。そのため、視聴者に満足してもらえる、依頼主がメリットを得られる動画制作を実現できる可能性があります。

もしこのように質の高い動画を制作してくれれば、サイト上でその動画を見てくれるだけでなく、SNSで拡散して更に商品やサービスの認知度などを高めることができるので、効果を得られる動画広告を手に入れるために動画制作会社の利用を検討しましょう

参考サイト≪https://movi-lab.com/
動画制作会社「ムビラボ」です。

動画広告の効果について

Pocket

スマホ動画広告の効果の1つとして挙げられるのがクリック率が高いことです。実際に広告ができるコンテンツは動画の他にも複数存在します。例えばPCやスマホで紹介ができるバナーです。実際にスマホでウェブサイトを閲覧している時に下部にバナーが表示されているページに遭遇したことがある方も少なくないでしょう。アメリカ動画マーケティング会社の研究によれば、PCバナーのクリック率は0.11%、スマホバナーは0.27%であったのに対して、動画バナーは0.4%になります。通常のバナーよりも約2倍から3倍のクリック率が期待できるので、動画広告は通常の広告よりも効果が得られやすいです

その他の効果としては閲覧者に長い間覚えてもらうことができる点です。ある調査によればバナーに比べて動画広告を見た人の方がその宣伝が記憶に残っているとされています。バナー広告では8.9%の人しか覚えていなかったのに対して、動画広告では14.7%の人が記憶しており、長い間覚えてもらえるという効果を期待することができます。

伝わりやすいという点も効果の一つです。画像やテキストとは異なり、動きや音声を含めながら伝えられる動画は他のコンテンツよりも伝えやすいです。

動画を使用した広告の効果について

Pocket

動画は現在様々なところで活用され、実際に制作して多くの人の公開している人は少なくありません。動画は企業から個人まで幅広い方達が活用できます。例えば企業であれば企業紹介動画を制作して公開することができます。IR情報を提供するために活用したり、採用課題を少なくするために動画制作会社に制作依頼をしているところも少なくありません。もしホームページに社内の様子や働く雰囲気などを動画に納めることで多くの方にその会社のことを知ってもらうことができます。

通販サイト個人の方でも通販サイトを運営している人は少なくありません。例えば現在ではOEMなどのサービスもあるので、そのようなサービスを活用して自分のオリジナルの商品を開発し、通販サイトで販売することも可能です。通販サイトはお店を構えるのとは異なり初期投資が少なくショップを始めやすいです。売っている商品によっても異なりますが、動きがある商品は画像やテキストでだけでは伝えにくく、運営者の中には動画を活用して商品紹介に役立てています。

企業や個人の中には広告のために動画を活用する人は珍しくありません。制作すればSNSで商品を紹介したり、オウンドメディアを活用して宣伝することも可能です。実際に広告動画を公開するために動画制作会社を利用したいと考える人も少なくないでしょう。そこで今回は動画を使用した広告の効果がどのぐらいあるのかや、動画制作会社の利用について紹介します。